読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いまわたしスパイラル

ぐぬぬぬぬ。。
「保険」の意味をずーっと考えてる。ずーっとずーーっと考えてる。
必要、必要ない、必要、必要ない、必要、必要ない・・・・・・・・
わたし、前に「起こるか起こらないかわからないものにお金を払うのは抵抗がある」って書いたと思うんだけど。

 

その逆で、目に見えない「安心」がお金で買えるのなら是非買いたいと思ってる。本当に安心出来るのなら、その対価を払うのは全くやぶさかではないよ。でも現状の医療保険のしくみは全然安心できない・・。

だってさ、ペイ出来ないじゃん。いや、ペイとかそういうもんじゃないのは分かってるよ。医療保険って結果「ペイ出来る人」と「ペイ出来ない人」に二分されて、「ペイ出来ない人」が大半なわけでしょ。それが保険のしくみでしょ。
ただし、滅多にない「ペイ出来る人」に分類されたときに重大なケースになりがちだから、そのために保険に入るんでしょ。わかってる、わかってるよ!だったら、そういう事が起きても起きなくてもどちらのケースにしても「あー保険に入っててヨカッター!(ブルゾンちえみの声で再生してください)」って思いたい。それこそ真の「ペイ出来た」状態じゃん。それこそがわたしの好きな「安心をお金で買った」状態じゃん!

だから医療保険は入らなきゃとずっと思ってはいる。病気もケガも滅多にしないサイボーグ人間なのでいまいちピンと来ないけど、健康なうちじゃないと、ってのも分かってる。でもさ、払う金額に見合わないよ。ネット上で飛び交う不要論と必要論も読みまくった。メリットデメリットも調べつくした。高額療養費制度も調べた。その上で、やっぱりほんとに必要・・?一生の総支払額見てよ。それ見たら「この額払って結局・・」ってならない?
私のような考え方の人にはどんな保険が向いてますかー!プロの人、教えて!ってな訳で、初めて保険相談に飛び込んだのです。

ああいう所って、まず「保険とは」とか「入院するとこれだけお金がかかります」とか「高額療養費制度っていうのがあって」ってな説明から入ろうとするんだけど、あ、そういうのいいです。分かってます。そうじゃなくて、まずわたしの考えを聞いてもらえますか・・。
そしたら保険屋のお兄さんがもう苦渋の顔になって、「医療保険必要ないって思ってませんか?」ってズバリ聞かれたけど、まあ半分くらいそう思ってるよ・・しかしだったらここに来ない・・"払う金額に見合った安心"が買えるなら入りたいんだ・・。(ここで、ベテランぽい年配のスタッフがやってきて、無言でそっと隣の席に座る・・)
「(お兄さん、上司に見張られてるけど頑張って!いじめたい訳じゃないんだ・・!)保険って、安心をお金で買うものだと思うけど、起こるかどうか分からないものに毎月毎月これだけの金額を払い続けるのは逆に不安になる。それが保険ってもんなのは分かってる、でも不安になるんじゃ保険の意味無くないですか?」
ごめんお兄さん、トドメを刺してしまった・・!!!

つまりはリスクの大きさと、それに対する対価でしょ。
人は誰でも一生のうち入院したり手術したりする確率が高いから医療保険は高いんでしょ。
わたしは毎月大きなお金を払ってまで、ちょこまかしたケガや病気に幅広く対応したいと思わないよ、起こる確率は低いけど、起こったらすごく困るもの・・そこにこそ保険をかけたい・・
だって保険って本来そういうものじゃん・・
だから海外旅行保険とか、(私も旦那もチャリ乗りだから)自賠責保険とかは喜んで入るじゃん。
医療保険版のそういうやつ!そういうやつ無いんですか?
あ、無いの、そうなの・・。
・・もう完全にスパイラルなので、私の考えを箇条書きにしてみようかな。。

・入るなら私と旦那の二人分
・二人分だから家計を圧迫すると余計「だったら貯金した方が・・」感が強い
・貯金はある
・私も旦那も仕事辞めるつもりないのでどちらかが倒れてもそこまで困らない。死ぬケースでも同様(2人とも倒れるケースってあるかい?事故?)
・よって収入保障はいらない
・日々の小さなリスクに対して別に保険に頼ろうと思わない
・差額ベッド代も払うつもりない、もし払うなら自腹でもいいと思えるとき
(そもそも「6人部屋」「4人部屋」「2人部屋」「個室」から選ぶなら、6人部屋か個室の2択じゃない?2人部屋とか微妙過ぎない?セコい事言ってんなよって思う)
・入院すると食事代とかパジャマ代とか交通費っていうけど、入院してなくてもかかるじゃん
・だから入院保障は甚だ疑問。先進医療と一時金だけでいいんですが・・
がん保険のしくみの方が考え方としてはしっくりくる
・返戻金あるタイプは保険料上がるから抵抗ある
・私も旦那もわりとがん家系ではある
・高額療養費制度使って支払った限度額まで保険でカバーしたいと思わない
・だったら共済にすれば?って言う人は多いけど終身じゃなきゃ保険入る意味なくない?
・老後の安心を買う意味もあるので終身払いはイヤ
・これなら、と思えるような保険は全部定期か終身払い

ここまで書いて思ったけど…
ただのワガママ!
ガタガタ言って保険屋のお兄さん困らせてんじゃないよ!
…というのは置いといて、私が医療保険に入りたい最大の理由、
「起こる可能性は低いけどもし起こったらすごく困る」事
を自分用メモで書き出してみようかな。

・事故にあって二人ともケガする
・災害にあって二人ともケガする(災害保険が降りる?)
・会社クビになった直後ケガしたり病気になって入院する
・長期入院したり入退院を繰り返して働けなくなる
・それで保険の効かない治療を提案される
・働けない状態での長期の通院(何があるかな?うつ?私がうつになる確率って0.000000000000000000000001%くらいかな?)

・・・・・ねえねえ!
やっぱり医療保険要らなくないですか!?ねえ!
ウワーン!!!!!
それで、貰った見積りと毎日にらめっこして、考えて考えて考えまくって、なんとなく下記のような結論に達しつつあるような、ないような感じなんですけど、、どうですかね・・。

・入院日額は低く
→ネットじゃなく対面販売だと千円刻みでカスタマイズ出来るらしい、そういう情報ひそやかだからほんと困る
・入院は120日型
→120日かかるケースこそが重大だから。これも対面販売じゃないと変えられない
・3大疾病入院無制限は必要
→がんが転移すると同一入院扱いになるから
・3大疾病一時金をとりあえずつけておいて、歳取ってもし健康だったら外して別途がん保険入るもありかな
→一時金で入院後の通院に対応できるぞ
・3大疾病払込免除特約は微妙
→これは賭け

うんうん。だんだん考えがまとまって来たぞ。
入院日額5000円以下にすると保険料いきなり安くなるのね。そういうの早く教えてよね!
これ、あまたにはびこる甘い言葉で保険に入らせるあの手この手をかいくぐった良案じゃないですか??
こうすれば二人分でもだいぶ低く収まるし、まあ低い分、小さな病気やケガしてもペイは出来ないんだけど、総支払額がググッと下がるし、私の考える最大のリスクである「起こる可能性は低いけどもし起こったらすごく困る重大なケース」に十分対応可能なので、この額払って安心出来るんならまあいいやと思える。いい!いいぞ・・!

なんとなくこういう方向性を持ってもう少し調べてみようと思ってるんだけど、誰か詳しい人、他になにかアドバイスありますかね・・。
「そこまでリスクヘッジ考えるなら結局入らなくてもいい」って意見でもいいです・・。

【緊急企画】庭、その後。

 去年植えた苗たちが1年経ってたくさんお花咲いたよ〜♡

うれしいな〜^^

みてみて〜

 

f:id:s12345ynnnn:20170423142224j:plain

 芝桜、咲いた〜♡

けど、周りのタイムとケンカして窮屈そう。(本来は絨毯みたいに横に広がって行くけど、葉っぱがピヨピヨして、上に伸びるしかないって感じ)

 

f:id:s12345ynnnn:20170423142306j:plain

アジュガのチョコレートチップも咲いた 〜♡良い色♡

けど、ツルがビヨビヨに伸びて、周りのタイムとケンカにな るのも時間の問題(というか右側既にケンカしている)。後ろの塀も窮屈そう、ごめんね・・。

 

f:id:s12345ynnnn:20170422140319j:plain

その隣のアジュガ・バーガンディグロウも咲いた。

これは葉っぱが美味しいみたいで、虫に度々食われてなかなか大きくならない、だから周りのタイムに完全に包囲されている。隣のチョコチップも侵食しかけている。

 

f:id:s12345ynnnn:20170422135738j:plain

南側のリシマキア・ヌンムラリア。

おっ!これはいいぞ!黄緑色が綺麗だし成長も早い。

君ね、コンクリートの方に進まなくていいからさ、そっちじゃなくて、土の方に広がっておくれ。

(慌てて除草した、しかし除草して土が見えるととたんに猫がやってきがちなので撃退装置も移動)

 

f:id:s12345ynnnn:20170422135730j:plain

これは東側のリシマキア。

タイムさんと完全に領土争いを繰り広げている。

どっちが勝つのか・・勝負はつくのか・・

もうどうしていいかわからない。(けんかをやめて・・)

 

f:id:s12345ynnnn:20170423142307j:plain

ピンクアジュガ、これはいい!カワイイ!

右上の大きい葉はアジサイです。 唯一共存してる感がある。

しかし左下には迫り来るタイム・・。

 

f:id:s12345ynnnn:20170422141802j:plain

 

ローズマリー。窮屈そう。

エアコンの室外機とほぼ同じ高さ、ローズマリーってこんなに大きくなるんだね。。

成長し過ぎてステーキに乗せたらはみ出すやつ。

 

 

・・てな感じで、全体的にまとまりがナイ。

というかあちこちで領土争いが起こっている。

つまりはよくある人んちの花壇みたいに、最初からレンガとか柵でブロッキングして、こっからこっちは芝生、こっちは花ゾーン、みたいに分けるもんなんだな。

引きだとこんな感じ。

f:id:s12345ynnnn:20170422141816j:plain

 うーん・・。 

 素人感がすごい。

早くグランドカバーしたくて、ローズマリー以外は這い性の横に広がる苗をバンバン植えたものだから、タイムもアジュガも芝桜も春になって急にビヨビヨしてきて節操がない。というか、最初に植えた苗の部分から放射状に広がるから、なんか見た目が怖い。。

リシマキアも黄緑色がキレイで気に入ってるけど、これがもっと広範囲にわしゃわしゃ広がったら。。結構怖くないかい!?ガーデニングって、組み合わせの妙を楽しむもののような・・。もう少し立ち性の花とか中木とか組み合わせて立体感出したいな。

まずはタイムさんで「庭を芝生にする」っていう当初の目標は達成しつつあるけどさ。

余裕があったらレンガを買ってきて、わたしも本格的なガーデニングおばさんに成長するか。。

(花が終わるまでちょっと様子をみます)

 

 

 

 

 

 

不惑を前に惑う

もうすぐ本当に40になるのでもうちょっとあがいてもいいですか?

あがいたところで逃げられないんだけどさ。

やっぱり、どうにもこうにも自分自身のタグ付けが出来てない。40目前にして、わたしのタグが見つからない。 若い時のタグは使えなくなってしまった。

 

若い時(35、6くらいまで)のわたしは、自分大好きわがまま放題、何にでも全力でぶつかったし、何着ても似合ったし、モテてたし、みんながわたしに注目して、全てに自信満々で本当に怖いものがなかったんだよね。みんなもそうでしたか?今もそうですか?

わたしのえらぶモノやコトには自信があったし、周りもそれを良しとしてもっとやれって言ったし自分でもそう思う、それで実際何でもうまくいったしチヤホヤしてもらえるし調子乗ってエスカレートする、それで経験が増えるとその自信がどんどん肉付けされて、どんどん怖いものがなくなっていって。

しかしながら、さらに経験を積んで色んな事が分かり周りが見えるようになって、同時に見た目や体型が変わり、体力が危ぶまれてきたら、ここ最近は逆に何をするにも「これ大丈夫かな?」「これアリかな?」って不安になってしまって。「何も怖くなかった」状態から、「何もかも恐い」状態に・・!

そこに「結婚」っていうトドメの爆弾が落とされて、オサレする必要が無くなったり、モテなくていいとか、飲み会が減るとか、さらに異動になって激務から解放されたら、最近なんか顔が老け・・・あっ!そのパターン!ストレスから開放されると逆に張りがなくなるほうの、そっちのパターンのやつ!?!?

 

てな感じで、恋愛とか仕事とか遊びの今まで自分の核だった部分がガサッと一気にそぎ落とされて、突然身の振り方が分かんなくなっちゃった。それで、最初に言った「自分のタグ付けが出来てない」状態になっているのです。。

これ、もし仮に独身のままだったらここまで急には来なかったんじゃないかなあ、だんだん気づくみたいな感じで。急に来たよ。急に。

 

例えば私は業務上の事もあり、平日はわりとコンサバなカッコして(会議が多いのとたくさん人に会うから)、休みで遊び行く時は服も化粧も好きなカッコしてるんだけど、それで前は誰も何も言わなかったけど最近は「平日のカッコの方が似合うんじゃない?」って言われる事が多くなって・・鏡見ると確かに自分でもそう思う・・え、わたしはこのまま一生「似合うけど好きじゃない」カッコして生きていくのかな・・?

 

あと、異動になって新しい部署は結構アウトプットを重要視されるというか、自分の脳みその中をパカッと開けて、それを全社員に見せるみたいな作業が必要なんだけど、なんていうか、、わたしの思い付く事って、突拍子も無い事ばっかなんだよね。若い頃のわたしは突拍子も無い事、奇抜な事を言って、それが認められてたし、それがわたしだったから。。でも今のわたしに求められてるのはそういうとこじゃない、自分でもわかる、そういうんじゃないんだよ…   

 

ってな体験がどんどん重なって、「わたしのアイデンティティ、どこ行った〜!?」状態になっている。

みんなはこういう状態とどうやって折り合いをつけているの?歳取っても若い時と同じことやってるのってただのイタい人じゃない?しのはらともえも若い時とは変わったけど今もわりと迷走してるよね!?歳取っても若い頃と同じように自信満々で自分のやりたいことをして、着たいものを着て、奇抜な事を(イタくなく)やってのけてる女性っている?草間彌生とか!?キティちゃんのデザイナーはナシでしょ!?

※男性の場合は歳取って奇抜でもカッコ良い人が居るのでちょっと事情が違う気がする 

 

それで、こういう興味深い記事を見つけました。ジェーンスーさんと野宮真貴さんの対談です。(ちなみにわたしはこれを読む前にジェーンさんの本も野宮さんの本も既に買って読んでいます) 

 

女も男も「若さ」を価値に置く風潮にモノ申す | ファッション・トレンド | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

「日本ではポップなまま魅力的に年を重ねるのが難しい」

あぁ・・やっぱりジェーンスーさんはわたしの中のモヤモヤをうまいこと文章に落とし込んでくれるな。じゃあだからといってジェーンさんや野宮さんがわたしの理想とするモデルケースって訳でもないんだけど。

 

というかそもそもわたしがモデルケースなんて今まで必要としてなかった訳で・・ わたしが好きなバンドのボーカリストで、この人とは同世代なんだけどやっぱり若い時だいぶとんがってて、歳取ったら若い頃の自分と折り合いが合わなくなってもがいている(と私が勝手に思ってるだけだけど・違かったらごめんね)人が居るので、わたしは勝手にシンパシーを抱いている。 おたがい50歳になったら自分の立ち位置が見つかって落ち着いてるといいね!

異動が決まりました。

えーと、タイトルの通りです。
生まれて初めてです。入社して14年、ずっと同じ部署で同じ仕事してるんです。
もちろん異動願なんて出してない、青天の霹靂、 実際何してる部署なのかあんまりよく知らない、ああ、完全に会社の歯車。。

新しい所は全然方向性の違う部署で、今までは売る方の仕事をしてたんだけど、今度は企画出したり外部と折衝したりとかそういう部署。部署名だけ見れば栄転かな。みんな「すごいじゃん」「おめでとう」って言う。ただ今まで培ってきたスキルが生かせるかといったら・・微妙。机に張り付いてるだけで出来る仕事じゃないし、現場も今までとは全然違う、付き合う人も変わる、仕事の進め方ももちろん全然違う。
ただ自分の仕事を自分でディレクションできる部署でもあるので、時間の融通は利くようになるかな。今までみたいに休日出勤はなくなるし、夜遅い現場が続いたりとかもない。だから既婚者向きかな。そーいや既婚女性はこの部署に配属されがちなような・・。確か本部長に結婚の報告した時、「じゃあ今の仕事続けるのキツいだろ。」みたいなこと言われて、その時は全くピンと来なかったので「はあ。」とか答えたけど、配慮してくれたのかな。。

確かに、今の部署は体力的にもメンタル的にもメチャメチャキツイ、プレッシャーもすごい、ダメだった時真っ先に矢面になる、ささいなポカでも取り返しつかない事が多い、頑張ったら数字が伸びるかって言うとそーでもない。つまり、割に合わなさハンパない。出来ない人はすぐやめたり他に行くし周りは「あの部署だけは嫌だ」とか言うし、ずっと続けるのはやっぱり現実的ではないのかなと。
でもやっぱりさびしいな。キツいけどその分達成感ややりがいはあるし、わたしはこの部署好きだし向いてる、だから14年も続けられたのに。異動って、今まで何年もかけて積み上げて来たもの全てアッサリ手放しなさいよと言われてるみたいで、とても複雑な気持ち。

わたしが今メインでやってる案件も受け持って3年くらいになるんだけど、とにかくクセのある案件で、今までの前例が全然当てはまらなくてものっすごく大変で、それで3年経ってやっと信頼関係出来てきて色々と軌道に乗ってきたのに。。わたしが売ってきたっていう自負あるし、ぶっちゃけ他の人に渡すの嫌だな。嫌だ。(あ~中身言いたい、言えば誰もが「あぁ~」って絶対なる、この大変さ・・)
それに、わたしが14年間グッツグツに煮込んでもはや煮崩れたおでんのようになっているルーティンワークもあるし、それをひっぱりだして他の人に渡せる形にするのは大分めんどくさい。。14年間つきあいのある人たちもたくさんいるし、その人たちにもさよなら言わないといけないなんて・・ウッ。

あーあ、これからはワガママ王子やワガママ女王の繰り出す無理難題をヒーコラ言って聞いたり、毎週末やたら遠い現場に行ってたら移動時間の感覚がマヒして「横浜なら30分だから近い」とか言ったり、ディレクターとケンカしてたら別の人が肩持ってくれて脱力したり、怖いと思ってた先輩と出張行ったら謎の団結感生まれて頼ってくれるようになったり、おっさん方が全然言う事聞いてくれなくてもういいやってシカトしてたら皆慌てて言う事聞いてくれるようになったり、知らない人から「いつもありがとうございます」ってお菓子貰ったりとか、もう無い、もう無いんだな・・。駆け抜けたな、わたし・・・・・。

疲れ果てた共働きからのメッセージ

また料理のハナシなんだけど(嫌いなもんだからとにかくつきまとう)。
最近、風邪をまさかの2ヵ月連続ひいたり(2回目も熱が出た)、あと仕事が遅くなる日が結構あって「今日、ゴハン、ムリ、おそうざいで済まそ・・」ってなる日が多くて、それで思った事。

出来合いのゴハンって、二人分買うと高い!
ああいうのって、つくづく一人分仕様で出来てるなーって。
だってスーパーのお弁当とかお惣菜で二人分入ってるのって見た事ある?無かろうよ。あっても高いしこれ一品じゃ足りない。(前も書いたようにウチは私も旦那さんもガッツリ食べます)
じゃあ私はこれ、旦那さんがこれ、おかずがこれとこれ・・って3、4種類くらい選ぶと結構な値段になるのよ。
コンビニも同じで、例えばお弁当とおかずとスイーツ買うとして、1人分ならまだしもそれが×2になると値段がドカーン!てなる。(スイーツいらなくね・・?という意見は聞きません)
ああなるほど、ああいうものは人件費が上乗せされてるので、×1なら許容範囲だけど×2だと「高っ!」って感じるって事だね。
この値段かかるんだったら、選ぶ手間だのレンチンだの片付けだのゴミが出る手間考えたら、2人でサクリと安居酒屋入っちゃっても大して値段変わらないし、本来の目的の「手間を省く」って意味では効率的かも。

1人分 自炊≒お惣菜<外食
2人分 自炊<お惣菜≒外食

こういう図式だな!

しょうがない、がんばってゴハンだけ炊いてレトルトカレーにすっか、とか思ってもカレーだけじゃ足りないからおかず必要だし、最近のレトルトカレーって298円とかだから二人分プラスおかずで結構な値段になるし、100円とかのレトルトカレーは具が無いからイヤだし、じゃあ100円カレーにお惣菜のカツ乗せようと思ってもカツは1個じゃなくて×2必要だから総額は結局同じになる。
そもそもゴハン炊く気力も時間もないから出来合いで済ませたいのに、ゴハン炊いたりお湯沸かしたりするならその意図が崩壊するし、もう混ぜたり切ったりなんだかんだするのも今日は嫌なの!400円くらいでもいいから、「2人分入ったレトルトカレー」があれば・・!

疲れて駅降りて、選ぶ気力も無くてスーパーのおそうざいコーナー行って、う~んって悩んで(なにしろ疲れて頭が働かない)、結局何も選べなくて「しょうがない、作るか・・」ってなる事多い。
1人分ならパッと選べるじゃん、2人分だと数種類選んだり組み合わせ考えたりしないといけない、その気力も時間もないからお惣菜で済ませたいのに・・!ヘトヘトのわたしに、「買ってすぐ食べられる2人分のゴハン」はどこに~!?皆共働きで苦労してるんだから、レトルト業界とスーパーのお惣菜コーナーの人、そこらへんのマーケティングお願いしますよ・・。

あと、オリジンあるじゃん。皆オリジンって行く?私の中には「オリジンに行く人種」っていうカテゴリがあって、私はオリジン行かない人種なのね(伝わるかな)。それでこないだ初めて入ってみて、案の定システムよく分からなくて、二人分のお弁当と、量り売りのお惣菜買ったらマジで3000えんくらいになっちゃって、ギャピー!ってなった・・。でも美味しいね、オリジンのお惣菜・・涙。
ああいうの、オリジンとかアールエフワンとかって、あれは一人分のお惣菜をちょこっと買うためのもので、2人分ドカーンと買うようなところじゃないんだなって。

だから今声を大にして言いたいのは、一人暮らしの人、自炊なんか全然しなくていいよっていう。
その恩恵(手早く・簡単に・安く済ませられるゴハンが世にあふれてる)にあずかれるうち最大限にあずかっておいた方がいい。それで自炊する時間を他の事に使った方が絶対いいよ。
前にここに書いたけどわたしは料理が嫌いなので、1人暮らし時代「絶対に毎日自炊する事」を自分への日課として課してたけど、やっぱ効率悪いよ、1人暮らしの自炊って。ムダも多いし。夕ご飯作って余った分をお弁当にして持って行ってたんだけど、結婚したらゴハン余らないからお弁当習慣キレイになくなったもんね。やっぱ二人分からなんだよ。料理って。
スーパーのお惣菜コーナーは一人暮らし向きに出来てて、野菜・肉・魚のコーナーはファミリー向けに出来てる、つまりどっちかがどっちかへ飛び越えようとすると、割高になる!
これからは疲れ果てて帰ってきた時はサクリと外食しまーす!

接しない人々

最近、会社が引っ越しまして。
もう結構経つんだけど(職場が特定されそうな事は簡単に情報解禁しないさやんちゃん)、会社の周辺はわりとキレイ目な住宅地で、ひとつドーン!と絵にかいたようなデッカイタワーマンションがあってさ。もう凄いの。エントランスには噴水、ホテルのような豪華なロビー、もちろんコンシェルジュ常駐。
それで、多分そこに住んでるんだろなーって一目で分かる奥様方を近所でよく見かけるのね、昼間カフェのテラスで子供交えて座談会してたり、連れだってバギー押して歩いてたり。
同僚さんが「あのマンション、意外に洗濯物が干してある(=金持ちなのに洗濯乾燥機じゃない)」って言ってたけど、あそこに住むような金持ちなら奥さまは仕事する必要ないだろうし、家事を減らす必要性がないからでは?
つまりあのマンションの住民は専業主婦率が高い、だから日中うじゃうじゃ見かけるんだろう。
それで、これは決してルサンチマンではなく金持ちだから僻んでるとかディスるわけじゃないんだけどさ。
「どうして、みんな同じ格好をしているのだ!?」と。

 

見分けつかないほど皆おんなじ格好なのよ。あれなに?

「あのタワマンに住んでる人だな」ってすぐわかる。お金持ってるんだったら、見た目やファッションの振り幅って大きくなるもんだと思ってたけど・・!?!?

もし、もしもさ、型にはまった「お金持ちの奥様」に見えるような格好をしてないと、彼女たちは自分のアイデンティティを保てないんだとしたら…それってクソみてえな人生だなって思ったよ。あ、結局ディスっちゃった。

あの人達は一生階層社会から逃れられないのかな、エレベーターのボタンを押すたびに「私の方が上(下)!」と震える毎日を送ってるんだとしたら…!

 

住んでる人の中には働いてる女の人、女社長とか女医さんとかもいるかもしれないし、私が通る時間には見かけないだけかもしれないね。(しかし男の人は全くと言っていいほど見かけない、夜も居ない。おそらく車移動で駐車場直行なのかな。)


わたしは結婚っていう型にはまる行動をしてから、型にはまった奥様になるのをメチャメチャ恐れている、抵抗したいと思っている。将来きっとあそこまでお金持ちにはならないだろうし仮になったとしてもああいうカッコは間違いなくしない、わたしとは180度違う人生を歩んでいる人たちを毎日眺めて出勤するのはとても不思議な気持ち。

40歳になる!

まだ、ならないよ。
まだならないけど、これから歳を重ねるに当たり、色々思うような出来事が重なって、なんか、近づいてるなーと思ったので。ちょっとまとめてみます。

 

①数年ぶりに風邪を引いた件
こないだ久しぶりに発熱を伴う風邪引いて、ツイッターでもギャーギャー騒いだけど、わたしはとにかく風邪を引かない。引いても鼻っ風邪くらいで、ちょっと酒のめば次の日ケロリと良くなる。熱出るなんて3,4年ぶりくらい??
それで、何が言いたいかというと、治りがメッチャ遅かったんですよ。長い事引きずってさ。滅多に引かないもんだから余計「あれ?風邪ってこんな辛かったっけ・・?」ってなって。
そういえば10月ロンドンから帰った時も時差ボケ辛いのなんの・・。いや、明確な時差ボケは3日くらいなんだけど、その後1週間くらいずーっと調子悪くてさあ。
そうやって立て続けに起きて、わたしやっと気づいたよ。
「あ。若い時と違うんだ。」と。
遅い?遅いスカ?
普段病気もケガも滅多にしない、酒もガンガンいける、何をどんだけ食べても太らない、超ウルトラスーパー健康体なので気づかなかった。若いままじゃいられないって事に・・。

確かに35ぎたくらいから「オールしたあと辛い」とか「太りやすくなった」とか「食が細くなる」とか、あるよ。あるけど、まあ、だましだまし生きていけるのかなって。
だって、身体辛いからダイエットしたり、筋トレしたり、サプリ飲んだり、って。。え!?今からそうやってなんだかんだ付け加えてったら、もっと歳取ったらどうなるの?お金も時間もおっつかなくならない!?そんな事にお金と時間取られるくらいなら好きな事に使いたいよ~。

でも、そうじゃないんだね。これからは好きな事をするために、お金と時間を割かないとダメなんだ。
老いていく自分と向き合って、うまく落としどころを見つけていかなければ。。

 

②1週間で40代の人、50代の人、60代の人のライブを観た件
40代(になる)人は同世代だからもがいてるのがメチャメチャわかる、こういう40歳どうなのかなって実際言ってたしそう思ってるのはすごく伝わる。
それで、次に50代の人のライブを立て続けに2つ観たら、あれ、なんか急に飄々としてるなって。いや元々飄々としてる人たちではあるけど、50代でバンド続けてツアーに出てる時点で既にレアケースじゃん。某御大はMCは健康やケガの話ばっかりで、人の前に立った時いかに体力を消耗せずして若々しく居るための工夫をたくさん知ってるし、もちろん身体も鍛えてるし、健康グッズを常に持ち歩いてる。大好きだったお酒を完全に絶ったメンバーもいる。自分は先日の風邪の件があったばかりだから、こういうの、サラッとやってるようにみせかけて全然サラッとやってる訳じゃないんだな、今まで気付かなかったな、って。
それで、「みんな50代なので楽屋は若い時と違って自我が無く穏やかです」だって。
へえ・・。自我がねえ。
わたしは・・まだ自我あるな。

それで、最後に60代の人のライブ観たんです。
60代っておじいちゃんじゃん。なんか、外タレもそうだけど高齢のロックな人ほどちゃんとしてるというか、ロックンロールしたいと思えば思う程、健康に気を付けたり身体鍛えたりしないといけないのって不思議。キーコさんなんて後半裸でベース弾いてたけど60代の人が人前に出せる裸キープするの、どれだけの努力必要なんだって。バンド続けたければ老いる身体と折り合いつけたり、周りの人やメンバーとうまくやっていく処世術見に付けたり、酒やめたり。
多くを得る人は多くを手放している、年齢が上がれば上がる程その量は多くなる。

 

雨宮まみさんが亡くなった件
直接知らない人の訃報は言及しない事が最大の追悼だと自分の中では思ってるんですが。
雨宮さんが特に好きという訳ではないけども、彼女の死はズガーン!てきたな。ニュースのコメント欄も、他の若くして亡くなった人に対するコメントとは一線を画すというか、なんだか重苦しかった。
その中に「後追いをする人が出てきますよ」ってのがあったけど、わたしは死にたいと思った事はないし多分これからもないけど、彼女のコラム「40歳がくる!」を読んでいたので、その真摯な文章から40歳で死にたい気持ちがものすごく伝わって・・。「あっ、40歳を一区切りとして幕を引く人生もあるんだな」と思った。(自殺かそうじゃないかはあんまり関係ない)なんていうか、同世代なものだから、あ、今か。今なの。今、降りるんだ、まぁ、うーん、確かに、、って。影響されるまではいかないものの、ものすご~~く暗い気持ちになった。能町さんの追悼しないブログも本当に胸に突き刺さって痛かったな。

ただ雨宮さんのように「40歳が来る!」って思うと何か物凄く大きなものが迫りくるような気がするけど、「40歳になる!」って思えば少しは気が楽になるかな、わたしの場合はね。